【紙がおすすめ!】ハルフォトの紙について | ハルフォト

2019/12/23 13:19

ご覧いただきありがとうございます!

今回は、ハルフォトの紙について紹介いたします。

特殊な合成紙を使用しているため、類似品とは全然違うのです。

そんな、ハルフォトをおすすめする理由をご紹介♪

 

 

【その1】手では破けないほど強い!

合成紙は、紙自体に耐久性があるため非常に破れにくいです。

マット紙や光沢紙だと手でちぎるとすぐ破れてしまいますが、合成紙は手でちぎる事はできず、刃物を使わないと切断できません。
それくらい、破れにくい素材!

小さなお子様や、いたずらをしたい年頃のお子様がいても手でちぎることができないので安心してお家に置いておくことができます。

 

 

【その2】湿気にも強い!

用紙自体が水を吸わない合成樹脂(プラスチック)が主原料なので、耐水性にも優れています。

ラミネートは行なっていないので、雨の中使用することはできませんが、多少の水分であればすぐに拭き取ればあとは残りません。

お子様のよだれが心配で・・・なんて声を聞いたからこそこだわりました!

 

 拭いた跡が少々残りますが紙がよれたり破けることはありません。


【その3】カールがつきにくい!

はりのある素材で巻きグセがつきにくく、折れてしまっても従来の紙より気になりません。(折り目がつかないわけではありません。)

長期間丸めて保存しておいても、巻きグセがつきにくいので保存も安心です。

 

 

【その4】表面が滑らかで発色がいい!

ハルフォトの用紙はサラサラしていて、光沢がない素材です。

撮影するときに、光が反射してうまく撮れない!などのもどかしさがなくとっても安心。

発色も良く、デザインが綺麗に印刷されるので写真にした時のクオリティも高くなります!



【その5】薄くて軽い!

ハルフォトの用紙は一般的なポスターに比べて薄くて軽いので、壁を傷つけてしまうような粘着力のテープでなくても固定することができます。

マスキングテープや養生テープで十分なので、画鋲を用意する必要もありません!

 

 

【注意】ハルフォトはとても繊細!

繊細な用紙のため、強くこすったり、強くひっかいたりすると色移りしたり、表面に傷がついてしまう場合があります。

手触りは柔らかく丈夫ですが、ついつい乱暴に扱ってしまうと汚れがついてしまうきっかけになるので、注意しましょう。

 

 

ハルフォトの紙について理解していただけましたか?

少しでも良さが伝われば嬉しいです!

ハルフォトのデザインも随時更新されるので、お気に入りを手に入れてください♪

家族の思い出をハルフォトと一緒に写真に残しましょう♪